2010年1月13日 星期三

【明日の記憶】

日文作業。


不知道發回來會被藤井先生改成什麼樣子ˊˋ





あの、私は泣きました……大好きな人を忘れることは悲しいと思います。私の父や母や友達と記憶がありますから、私は私になります。それから、その記憶が全部であらなかったら、私は私ですか。私は「いいえ、私は私じゃない。」と言います。それから、佐伯雅行さんや枝實子さんは不憫です。自分は次第に別人になることは怖いです。夫や父や先輩は次第に別人は悲しいです。家族や先輩や同僚はとでも優しいです。でも、何もその人たちにしますから、佐伯さんになったら、私も死のうと思います。学者の李家同先生は「忘れることは幸福です。」と言いました。でも、私は悪い記憶を忘れることは幸福と思います、いい記憶や楽しい記憶や貴重な記憶を忘れることは、絶対な不幸です。


沒有留言:

張貼留言